Top 童貞卒業♪ ;>、【ゲーム感覚で女性を落とす重要性】

、【ゲーム感覚で女性を落とす重要性】

さて、【ゲーム感覚で女性を落とす重要性】

についてです^^


---------------------------------------------------------------
   ゲーム感覚で恋愛に接する
---------------------------------------------------------------


童貞の方の特有の症状として、

【恋愛を胃が痛くなる試練としか思えなくなっている】


というのがあります。



「このままではまずい・・・一生童貞だ・・・・」

「この子は死ぬほど好きだから、どうしても嫌われたくない・・・」


こう感じられている方も多いと思います。



恋愛に関して“楽しむ”という姿勢が全くもてない状況に
なりがちだと思うのです。



自分も以前ひきこもり童貞だった時は、
恋愛に楽しさなど全く感じず、焦りと恐怖感しか生じませんでした^^;



初めてエッチするときも、喜びよりは、

「失敗したらどうしよう・・嫌われたりしないだろうか・・」

「痛がらせたら申し訳ない・・何か変なミスをしたりしないだろうか・・」


こんなことを考えていました。



要するに、童貞の方にとっては、恋愛は憧れであると同時に、
とてつもない恐怖の対象でもあるケースがほとんどなわけです。



しかし、発想さえ変えてしまえば、このマイナスの感覚は
徐々に払拭できるようになってきます^^



重要なのは、

【失敗を経験値取得と考える】

ということです。


これができると、恋愛に対する恐怖感がほとんど消滅します。



例えフラれてしまっても、そこから反省点を探し、
進化材料を吸収することができれば、
確実にそのぶんモテるようになります。



それこそゲーム感覚でいいんです。


ドラクエが解る人は、ドラクエで考えてください。

恋愛は敵に“負けても”経験値が積み重なっていき、
行動さえ続けていれば、自動的に強くなっていくシステムなんです。



本当にモテる人は、実は途方もない数の女性にフラれていたりします。

失敗を研究成果と考えることで、進化してきた人達なんです。



1:まずはアタックしてみる

2:だめだったらそこから進化材料を学びとる


この繰り返しです。

成功すれば成功体験となり、失敗してもモテるように
なっていくんですから、恋愛に対する恐怖感もなくなって当然ですね。


手強い女性を相手にしたときも、

ゲーム感覚で「面白そうだ。とりあえず戦ってみるか」

でいいんです。



【行動さえしていればモテるようになる】

というか考え方、これは、

【失敗を恐れる必然性が消滅する】


ということに他なりません。失敗してもモテるようになるんですから。



この考え方を身につけると、以下のようなメリットがあります。


・“彼氏持ちの”美女をあっさりと落とせる
 (成功を毎回必須とは考えないため、ありえない敵に挑戦できる)

・童貞特有のオドオドした態度や張り詰めたオーラが消え失せる
 (むしろ好奇心に満ちた活き活きとしたオーラを放ち始める)

・何よりやっていて楽しい
 (これは本当に重要ですね^^)



しかし、それには条件があって、

【何故失敗したのかが解らなければ何の意味もない】

ということになります。



根強い童貞の方は、

【何故失敗をしたのか、その理由に気づけない】

んです。


要するに、失敗の中から進化材料を探すことができないわけです。


失敗を恐れる必要がないというのは、失敗の中から
進化材料を探し出せることが前提になってきます。


童貞の方は、たいていはモテる男性との交流がありません。

よい見本がないこともあり、修正点が把握できず、
同じ失敗を続けてしまうんです。


また戦う相手がいない(つまり出会いが全くない)
というのも問題になります。



それらの問題を完全に回避し、あるべき姿をこれでもかというほどに
書いているのが童貞卒業マニュアルです。


童貞の方が全くゼロの状態から、大量の女性と爆発的に出会い、
彼女にしていくまでの、全過程のやり方を“具体的に”まとめています。



なぜ多くの童貞の方が、いつまで経っても童貞のままでいるのか?


仲村修にはその“原因”が今ならはっきりと解ります。

そしてその“解決法”も。



仲村修が恥ずかしい過去を晒してまで、あなたに何を伝えたいのか?


仲村修からのメッセージをぜひ読んでみてください。



【ひきこもり童貞スタートでかわいい彼女を作る方法】
http://tinyurl.com/39f3c6
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。